• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)

東京圏の物流施設市場は確立期から成長期へ、JLL

2016/10/27

首都圏の物流施設(延へ床面積5万m2以上、2000年以降に竣工、賃貸用)の新規供給量は、2016年に32万6000坪に達する見込みだ。2017年~2020年の4年間は、合計123万坪、年平均31万坪と予想しており、これは2006年~2015年の年平均である17万坪に比べて+80%強の水準だ。2020年末の市場規模は、2015年末比1.8倍の350万坪となるだろう。一方、賃料は2016年~2020年の5年間の合計上昇率を+4.4%、年平均上昇率(CAGR)を+0.9%と予想した。市場が確立期から成長期に入る可能性が高く、中長期的に堅調に推移するという見方は変わりない。

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)