日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)

さくら総合リートが上場へ、ARES

2016/09/01

三井不動産ロジスティクスパーク投資法人と大江戸温泉リート投資法人の新規上場で、2016年8月末時点のREIT(不動産投資信託)は57銘柄となった(9月1日の合併に先立ち8月29日に上場廃止となった2銘柄を含む)。時価総額は11兆6438億円となっている。さくら総合リート投資法人の上場が承認され、9月8日に上場する。ガリレオ(オーストラリアの独立系不動産・ファンド運用グループ)と日本管財グループをスポンサーとする総合型REITで、オーストラリア証券取引所に上場する日本特化型REITのガリレオ・ジャパン・トラストが保有する全18物件を組み入れる。取得予定価格は573億6000万円だ。8月に発表されたREITの資産取得は39物件1744億円、売却発表は7物件272億円だった。8月に取得を完了した資産は1992億円で、9月以降に取得予定の資産は2902億円。売却は、8月に229億円を完了し、9月以降に218億円を予定する。

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)