日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)

【予測】空室率は2019年半ばがボトム、オフィスビル総研

2018/08/29

■都心5区オフィスビル市場予測@2018年第2四半期時点
 ▼2018Q3:空室率1.2%/募集賃料2万1016円(QoQ+2.1%)/
       新規供給10万8000坪/吸収需要10万500坪
 ▼2018Q4:空室率0.9%/募集賃料2万1223円(QoQ+1.0%)/
       新規供給2万8800坪/吸収需要5万900坪
 ▼2019Q1:空室率0.8%/募集賃料2万1525円(QoQ+1.4%)/
       新規供給5万9300坪/吸収需要7万1800坪
 ▼2019Q2:空室率0.7%/募集賃料2万1757円(QoQ+1.1%)/
       新規供給4万4200坪/吸収需要4万6500坪
 ▼2019Q3:空室率0.7%/募集賃料2万2122円(QoQ+1.7%)/
       新規供給5万3200坪/吸収需要5万1600坪
 ▼2019Q4:空室率0.8%/募集賃料2万2180円(QoQ+0.3%)/
       新規供給3万8500坪/吸収需要3万100坪
 ▼2020Q1:空室率1.4%/募集賃料2万2553円(QoQ+1.7%)/
       新規供給14万4300坪/吸収需要9万1600坪
 ▼2020Q2:空室率1.6%/募集賃料2万2742円(QoQ+0.8%)/
       新規供給4万8400坪/吸収需要3万7800坪

※募集賃料は坪あたり月額(共益費込み)。2018Q3は2018年第3四半期(7月~9月)の意味。QoQは前四半期比

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)