日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)

【分析】大量供給を迎える北京のオフィス市場、三井住友トラスト基礎研

2018/02/05

2018年以降、北京ではオフィスの大量供給が見込まれている。新規供給の中心となるのは、北京CBD核心区と北京麗澤金融商務区だ。北京CBD核心区では、自己使用面積と賃貸向け面積の予測が難しく、賃貸市場に対する供給インパクトが不透明なものの、既存オフィスを巻き込んだリポジショニングが促される見通し。北京麗澤金融商務区は、需給逼迫が続く金融街の需要の受け皿として期待されるものの、オフィスエリアとして機能するためには交通利便性向上が待たれる。

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)