日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)

【開発】800億円を投じて総延べ床46万m2、三井不動産が物流施設4物件

2018/05/22

三井不動産は、首都圏や広島県で物流施設4物件を開発することを決めた。いずれもMT(マルチテナント)型で、総延べ床面積は約45万9100m2、総投資額は約800億円だ。2019年8月~2021年秋の竣工を予定している。

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)