本線とランプのトンネルを全て開削工法で築く予定だった工事。しかし、出口ランプだけ工法を見直し、地上から掘進した矩形シールド機を地中拡幅した本線トンネルに到達させた。開削工法では土留め壁の施工中、民家前の道路が通れなくなるからだ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら