3Dプリンターで造形した模型を接着

 造形用の3Dデータができると、いよいよ3Dプリンターによる模型の作成だ。模型の制作には、石こうを固めて造形するフルカラーの3Dプリンター「ZPrinter850」を使った。模型の作成作業は、アイジェット(本社:東京都港区)が担当した。

 前述のように、3Dプリンターで造形できる幅や厚さなどには限界がある。この機種での最大サイズは、幅508mm×奥行き381mm×高さ229mmだ。

 今回、作成した模型の大きさは幅1m×奥行き0.5m×高さ0.2mと、造形サイズを大きく上回る。そこで3Dデータも半分に切断して片方ずつ造形し、後で接着するという方法を採った。

 最後の仕上げには、パラフィンワックスを表面から塗布した。

造形直後の模型。固まっていない石こうを取り除く「デパウダー作業」(写真:アイジェット)
[画像のクリックで拡大表示]
姿を現したダム湖の模型(写真:アイジェット)
[画像のクリックで拡大表示]
2つに分けて造形した模型を接着する作業(写真:アイジェット)
[画像のクリックで拡大表示]
表面をパラフィンワックスでコーティングする作業(写真:アイジェット)
[画像のクリックで拡大表示]