日経コンストラクション製品ガイドでは、土木関連の資機材やソフトウェア、各種サービスなどを紹介する記事を掲載しています。今後はカタログ、仕様書、使用例など、設計や施工の実務に役立つ詳細資料もダウンロードできるようにしていく予定です。今回は、国土交通省が進める「i-Construction」などの詳細資料として、日経コンストラクションに掲載した記事を、特別に無料公開します。

建設現場の生産性向上を図る国の新戦略
「i-Construction」が始動

関連キーワード:i-Construction/情報化施工推進戦略/CIM導入ガイドライン/ICT/ドローン/プレキャスト化

 ICT(情報通信技術)で建設現場の生産性を抜本的に押し上げる──。建設分野でのICT導入に向けた取り組みは従来から官民で進んでいるが、2016年は、これらの動きが「生産性向上」という旗印のもとに急加速し始める。

 石井啓一国土交通大臣は15年11月24日の記者会見で、建設現場の生産性向上に関する新たな取り組み「i-Construction」への着手を表明。依然として深刻な担い手不足を背景に、国交省直轄の業務・工事を対象に、様々な形でICTの導入を中心とする生産性向上策を導入していく方針だ。

 国土交通省は従来、ICTの普及促進で情報化施工とCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)という2本の柱を掲げて、様々な検証・試行事業に取り組んできた。「i-Construction」はこれらを含めて工事プロセスをより全体的・包括的に捉えたうえで、ドローン(無人航空機)や三次元測量データ、無人化・自動化施工技術など、従来よりも幅広く要素技術の活用を目指す。「i-Construction」の取り組みで国が特に焦点を当てているのは、技能労働者が相対的に集中する作業分野だ。

建設現場における工種別技能労働者比率(2012年度の直轄工事実績)
国土交通省の資料をもとに日経コンストラクションが作成

※こちらの記事は、日経コンストラクション2016年1月11日号「生産性向上■ICT活用など工事全体を効率化」から抜粋しました。記事の全文は、下記の「詳細資料をダウンロード」をクリックしてご覧ください。

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード