[画像のクリックで拡大表示]

 パスコは、人工衛星で撮影した画像を活用し農地利用の状況把握を効率的に行うための「農地利用状況調査支援サービス」を開始した。

特徴

■作付け時期を考慮した2つの時期の人工衛星画像を用いて、作付前と作付後の状況を比較し、農地利用マップを自動で作成する。

■農地地番図、衛星写真、近赤外データなどを組み合せて全7種類をPDFファイルにより提供する。携帯性や保存性などを考慮し、調査図面はA3またはA4サイズで、管内図はA1またはA0サイズで用意。

■定期的に全国の農地を連続撮影しているため、注文が8月以降でも4~8月に撮影した衛星写真を利用できる。衛星写真は複数ある撮影時期から選択可能。

価格

50万円~(税抜き)

パスコ
URL http://www.pasco.co.jp

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード