[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 福井コンピュータは、i-Constructionにおける15の新基準に対応した三次元点群処理システム「TREND-POINT Ver.4」を発売した。

特徴

■同時発売の土木施工管理システム「EX-TREND武蔵 Ver.17」で作成した三次元設計データと連携させることで、出来形管理の成果を最短で取得できる。

■規格値に対する割合を「%」で示し、ポイントごとに結果を示す色をヒートマップとして示すなど、出来形管理要領にのっとった成果の作成を行える。

■平均値や最大値、最小値、データ数など、出来形管理要領で求められる評価情報を表示し確認できる。

価格

標準セット+土量計算が130万円、出来形管理支援オプションは20万円(いずれも税抜き)

福井コンピュータ
URL http://const.fukuicompu.co.jp
TEL 0776-67-8860

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード