安藤ハザマなどは、人工知能(AI)を使って発破後の切り羽の安定度を自動的に予測するシステムを開発した。施工中の山岳トンネル工事に適用し、もろい風化岩の存在を発破前に見抜けることを確かめた。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら