4月14日夜に最大震度7を観測した熊本地方を震源とする地震。夜が明けて被害の状況が明らかになってきた。

 気象庁の発表(15日午前6時30分発表の第3報)によれば、地震の発生時刻は4月14日午後9時26分頃。震源は熊本県熊本地方で深さ11km、マグニチュード6.5(ともに暫定値)。熊本市に隣接する益城町で最大の震度7を観測した。15日午前0時3分には同県宇城市で最大の震度6強を観測するなど、強い余震が続いている。

 気象庁は15日、この地震を「平成28年(2016年)熊本地震」と命名した。

各観測点の震度分布
(資料:気象庁)
[画像のクリックで拡大表示]
(資料:気象庁)
[画像のクリックで拡大表示]

 西日本高速道路会社によれば、九州自動車道では、益城熊本空港インターチェンジ(IC)─御船IC間で、盛り土法面が長さ30mにわたって崩壊したり、路面の陥没やひび割れが多数生じたりしている。四つの橋でジョイント部で段差が生じた。段差の大きさは最大で50cm、開きは50cmに達するという(午前5時30分発表の第2報)。