決壊すると付近の住宅などに被害を及ぼす恐れのある「防災重点ため池」について農林水産省がまとめた調査結果から、調査を終えたため池のうち約4割で豪雨対策、約5割で地震対策が必要であることが分かった。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら