安藤ハザマと東電設計は、クレーンを使った橋の架設工事や撤去工事を忠実に再現できる3次元シミュレーション技術を開発した。クレーンが周辺の電線などに接触することなく、安全に操作できるかどうかを事前に確かめられる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら