山岳部門では「課題克服に取り組んだトンネル工事」をテーマに15件、都市部門では「市街地におけるトンネル・地下構造物の新設および改良工事」をテーマに9件の現場事例を発表する。定員は各200人(定員になり次第締め切り)■山岳は一般1万5000円、会員1万円、都市は一般1万円、会員7000円

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら