上場建設会社(舗装会社を除く)の2018年3月期単体決算が出そろった。設計変更に伴う追加工事の獲得などで、土木売上高上位10社のうち、9社で土木事業の完成工事総利益率が前期を上回った。鹿島、大成建設、大林組、清水建設の大手4社は、3社が経常増益になるなど、リニア中央新幹線の建設工事を巡る談合事件の影響は限定的だった。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら