阿蘇大橋地区の斜面崩壊で不通となった国道57号。2020年度の開通を目指す代替路線の建設に立ちはだかる最大の難関は延長3659mの二重峠トンネルだ。早期開通を実現するために採用した新しい発注方式の「ECI」は、果たして救世主となれるか。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら