景観を考慮して曲面形状のウエブを採用したPC箱桁橋を施工する。配筋や型枠が複雑なうえ、桁内部が傾き作業しにくい。施工者は1断面を3回に分けて打設することで作業空間を確保。工程は増えるものの、確実に締め固められるようにした。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら