建築の構造材で普及が進む木質厚板パネルの直交集成板(CLT)。軽くて丈夫な特性を生かし、秋田県では更新後の橋梁床版材として採用する例が増えてきた。荒廃する森林の維持管理は日本特有の課題だ。伐採後の国産材の用途先拡大が望まれている。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら