宮城県が気仙沼市に建設している防潮堤の高さが、施工ミスで設計より22cm高くなっていることが分かった。東日本大震災後の地盤隆起分を引き下げる計画を反映せずに施工したのが原因だ。県が4月14日に明らかにした。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら