大林組と岡山大学は共同で、ビデオカメラで撮影した切り羽の映像を解析し、肌落ち(崩落)の予兆をリアルタイムに検知する「ロックフォールファインダー」を開発した。作業員が切り羽に近づく鋼製支保工の建て込み時と、切り羽への装薬時に適用し、山岳トンネル工事の安全性向上に役立てる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら