山岳トンネル工事の現場で、熟練の作業員の不足が深刻化している。今後は、省人化や切り羽の肌落ち災害の防止に向けて、機械化を進める動きが活発になりそうだ。自動化には何が必要か、考えてみよう。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら