国土交通省は、調査・設計業務の総合評価落札方式の入札で技術点に差がつきにくくなっていることから、運用の改善に乗り出す。技術評価が最も高い参加者の得点を満点とする相対評価を取り入れるほか、提出を求める「実施方針」に施工時の新技術活用に関する考え方を盛り込むようにする。早ければ、2018年度の発注業務で試行する。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら