東日本大震災で被災した明治初期の石橋を修復する。石垣から転用した石材には構造的な弱点があったものの、時代背景を尊重して解体後に再び積み上げる。弱点を補うため、超高強度モルタルと和紙を組み合わせた補強方法を採用した。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら