大成建設は、トンネルの掘削現場に隣接する供用トンネルで、施工の影響で生じる形状変化を簡易に監視する技術を開発した。掘削箇所から5m程度しか離れていない供用トンネルに適用し、車両の通行を妨げずに常時監視できることを確認済みだ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら