戸田建設と古河ロックドリル(東京都中央区)は、特殊改良したドリルジャンボで鋼製の矢板を切り羽斜め前方に打ち込む「フォアプレート工法」を、NATMで施工中の山岳トンネルで初めて採用した。小土かぶり、低N値の地山の天端安定対策として、ボルトを挿入する一般的な工法の半分の時間で施工できた。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら