人口減と節水機器の普及で、自治体などの水道事業者の収入は落ち込んでいる。一方、老朽化した施設の更新投資の増加は避けられない。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!