2016年4月の熊本地震で起こった九州新幹線の脱線は、高架橋の固有振動数と地震動の中に最も多く含まれていた振動数が近く、水平方向の横揺れが地表面の約2倍に増幅されたことが主な原因だった。運輸安全委員会が11月29日、事故のシミュレーションの結果や再発防止策をまとめた調査報告書で明らかにした。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら