熊谷組は東京地下鉄、鉄道総合技術研究所と共同で、新設したシールドトンネルから既設トンネルの躯体を吊って変形や変位を抑える「サスペンションシールド工法」を開発した。従来の変位抑制工と比べて既設トンネル内での作業を大幅に減らし、地下鉄などの運行を止めずに施工できるのが特徴だ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら