今年7月の九州北部豪雨で生じた流木災害を受け、林野庁は現地調査をもとに今後の対策方針をまとめた。崩壊の発生源となりやすい箇所で樹木が深く根を張れるように間伐するほか、流木をせき止める透過型の治山ダム(砂防堰堤)の整備を進める。学識者で構成する対策検討チームの取りまとめを11月2日に公表した。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら