福美建設(長野県駒ケ根市)は、橋の伸縮装置と床版防水を一体化した工法を開発した(写真1)。桁長20m以下の小規模橋梁向けで、遊間部にアスファルト乳剤系の材料を塗布・充填するだけで、伸縮と防水の両機能を発揮する。既存工法と比べてコスト減、工期短縮につながる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら