日本工営を幹事とするJVは、バングラデシュの首都ダッカにある国際空港の拡張事業で、ターミナルビルの設計照査や施工監理などの業務を約46億円で受注した。このうち日本工営の受注分は約22億円。業務期間は今年7月から新施設が供用を開始する予定の2022年8月まで。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら