川崎地質と富士通は、人工知能(AI)を使い、地中探査レーダーで収集した地下の画像から空洞を自動で検出する技術を共同で開発した。膨大な数の画像から、空洞がありそうな場所を洗い出す作業を大幅に効率化する。今年の夏をめどに他社や自治体を対象とした画像解析サービスとして提供を始める。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら