2017年度の技術士第二次試験は、13年度に改定された試験制度のもとで実施される最後の試験になるかもしれない。早ければ18年度の試験から、必須科目を択一式から記述式に再び切り替えるなど改定される可能性が高いからだ。出題の傾向が読み取れ、過去問題も豊富にある17年度に合格したい。さあ「技術士一直線2017」を読んで、受験対策を始めよう。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら