佐賀県は1月16日、盛り土の崩落で昨年6月から通行止めが続いている有明海沿岸道路の芦刈インターチェンジ(IC)─芦刈南IC間について、上り線を2017年度中、下り線を18年夏までを目標に再開通させる方針を示した。崩落した箇所の地盤を改良して盛り土を再構築した後、沈下が安定したことを確かめてから供用を始める。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら