西松建設と大日本コンサルタントは、遠隔操作できるセンサーとカメラで橋梁を監視する「インフラモニタリングシステム」を開発し、福岡県久留米市にある長門石橋で実証実験を始めた。点検中の作業員が手軽に取り付けられるのが特徴だ。橋の維持管理や災害直後の状況把握に役立てる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら