京都府宇治市の天ケ瀬ダムにトンネル式放流設備などを設ける再開発事業で、事業費が当初より160億円増えて590億円に、工期が3年延びて2021年度までになることが分かった。地中の破砕帯が事前調査より広範囲にわたっていて、対策工法の追加が必要になったことなどが理由だ。国土交通省近畿地方整備局が10月7日に公表した。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら