政府は9月12日、成長戦略の新たな司令塔として設置した「未来投資会議」の初会合を開き、ドローンを用いた三次元測量などICT(情報通信技術)を活用して建設現場の生産性を2025年までに20%向上させる方針を決めた。測量から施工検査に至る建設プロセス全体で三次元データを利用する建設手法を導入する。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら