東京都が臨海部の晴海地区で進める東京五輪選手村整備事業で、皮切りの工事が5月末から本格的に開始。五輪終了後のまちづくりを視野に入れた事業で、始まったのは仮設道路の設置や敷地内道路のかさ上げ、電線共同溝設置といった内容の工事だ。施工者は岩田地崎建設・フクダJVで工期は2017年8月下旬まで。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら