清水建設は、山岳トンネル底部の掘削量の過不足を色分けして投影するプロジェクションマッピングシステムを開発した。作業員が一目で掘削の進捗を把握できるようにすることで、掘り過ぎによる無駄を省く。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら