身近な材料で作れるドボク模型で、土木技術の仕組みを理解する――。今回は落石防護網や防護柵を取り上げる。直径わずか40cmの石が高さ40m、勾配40度の斜面から落ちた際のエネルギーは、重さ1tの乗用車を住宅の2階から落とすのとほぼ同じ大きさに匹敵する。巨大な衝撃にワイヤなどの強い張力で耐えたり、変形を許容して柔らかく吸収したり。実験で仕組みを説明する。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら