閉じる

福島第一原発・工事秘録

木村 駿
日経コンストラクション

目次

  • 「やっぱり人だよな」篠山紀信が福島第一原発を撮った理由

    「篠山紀信さんに、福島第一原発を撮影してもらいませんか」。唐突な提案に、東京電力福島第一廃炉推進カンパニーの広報担当者は、面食らったような表情を浮かべた。日経コンストラクション2月27日号に掲載した「現場紀信」の第24回が始動した瞬間だ。

  • 原発がれきに咲いた花

    1号機原子炉建屋カバー工事編(第8回)

    1号機原子炉建屋では、18枚ある壁パネルの撤去が2016年11月10日に完了し、工事が節目を迎えた。連載の最終回では、記者が間近に見た工事の模様をリポートする。

  • 福島第一原発に妙な名前のマシン大集合

    1号機原子炉建屋カバー工事編(第7回)

    清水建設JVが工事を担当する1号機原子炉建屋。カバーの解体やがれきの調査・撤去では、同社が開発した個性的な機械が縦横無尽に活躍している。

  • 原発カバー解体、「針の穴」を通す秘技

    1号機原子炉建屋カバー工事編(第6回)

    清水建設JVが担当する1号機原子炉建屋のカバーの解体。通常はとび職人に頼る「玉掛け」を、遠隔操作でこなすのが課題だった。

  • 原発事故から4年後の難関、カバー解体

    1号機原子炉建屋カバー工事編(第5回)

    時の流れは早い。福島第一原発の1号機原子炉建屋の最上階に残ったがれきの撤去に手を付けるため、4年間にわたって建屋を覆っていたカバーの解体が始まった。清水建設はカバーの建設に引き続き、工事を担う。

  • 敵は放射能と風、原発カバーついに完成

    1号機原子炉建屋カバー工事編(第4回)

    福島県いわき市の小名浜港での入念な仮組みと、東京電力福島第一原子力発電所の構内で実施した準備工事を経て、2011年8月10日から建屋カバーの組み立てが始まった。作業の敵は、放射能と「風」だ。

  • 原発カバーは組めるか、実物で確かめた

    1号機原子炉建屋カバー工事編(第3回)

    世界が注目する建屋カバーの工事。失敗が許されない現場を乗り切るために、緻密な施工計画が立てられた。福島第一原発から60kmほど南に位置する小名浜港で異例の「予行演習」が始まる。

  • 62パーツの一夜城、原子炉建屋を覆え

    1号機原子炉建屋カバー工事編(第2回)

    放射性物質の飛散を防止するため、水素爆発で上部が吹き飛んだ1号機原子炉建屋にカバーをかける前代未聞のプロジェクト。「嵌合(かんごう)接合」を採用した常識破りのプランは、具体的な形を帯びていく。

  • 異例ずくめの原発カバー工事が始まった

    1号機原子炉建屋カバー工事編(第1回)

    東京電力福島第一原子力発電所の事故から、2017年3月で丸6年。福島第一原発で今何が行われているかと聞かれて、説明できる人はかなり少ないかもしれません。建設会社の技術者に取材を重ねてきた筆者が、なるべく分かりやすくお伝えします。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

総合

もっと見る