工事が進む北区間、駅名めぐり議論も

 衣摺駅(仮)が供用開始した1年後、2019年春には工事中の北区間、新大阪─放出間11.1kmが開業し、おおさか東線が全通する。
(関連記事:おおさか東線が新大阪へ、新たな高架や鉄橋が現る

 北区間には、西吹田、淡路、都島、野江(ともに仮称)の4駅ができる。その全てが8両分の相対式ホーム2面を持ち、エレベーター2基、エスカレーター4基が付くことから、南区間の新駅・衣摺駅(仮)と基本的に構造を共通化しているようだ。

おおさか東線路線図(資料:大阪外環状鉄道)
[画像のクリックで拡大表示]

 北区間に目を向けると、駅名をめぐり議論が始まったエリアがある。JR西日本や大阪外環状鉄道が仮称で呼ぶ「都島」という駅名について、大阪市旭区の住民から「旭区にあるのになぜ都島なのか」といった声が上がり、区は「城北公園通駅」を要望していく決議案を採択した。