III-3のテーマは定番の新設構造物の品質確保です。一方、二酸化炭素の削減をテーマとしたIII-4は難解です。構造物の解体時だけでなく、建設や維持管理の段階からも検討項目を挙げる必要があります。

日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です。