過去問題とほぼ同じ内容の設問が、全選択肢の3割程度に増えました。一方、2013年度の改正以降、毎年出題されてきたコスト削減や防災などは、選択肢の内容が大きく変わっています。

日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です。