日経不動産マーケット情報トップ日経不動産マーケット情報・目次 > 記事(前のページ)

[最新号目次]

2018年10月号

三菱地所の私募REIT、持分10%を追加取得

トピックス

[限] 海外不動産投資 手法・エリアの多様化進む、2017年は35億ドル規模に

日本企業による海外不動産投資が、2015年以降一貫して拡大を続けている。不動産会社や商社に加え、生命保険会社、鉄道会社など様々な事業者が参入。投資手法は物件への直接投資から、ファンド組成・出資、M&A、会社設立まで多様化している。投資エリアもアジアから欧米へと広がりをみせる。[PDF]

オフィス市況トレンド

[限] 新築オフィスビルの稼働率 竣工済み37棟は稼働率97%、成約水準の伸びにやや鈍化も

新築ビルの高稼働が止まらない。2018年竣工(予定)の大型物件は、大半が募集を終了。各社の営業の主軸は、2019年~2020年完成のビルに移っている。東京23区内で2016年10月~2019年10月(秋)に完成する延べ床面積1万m2以上の新築オフィスビルの稼働状況を調査したところ、全60棟の加重平均稼働率は89%。竣工済み37棟では97%に達している。[PDF]

企業移転ニュース 積水化学がオークラで3400坪、グランキューブに三菱地所レジ

売買レポート

  • 三菱地所の私募REIT、持分10%を追加取得
  • 総額508億円の資産入れ替え、MCUBS MidCity
  • 三井不動産などが190億円で取得、大規模複合施設を開発
  • 121億円で3物件を売却、ジャパン・ホテル・リート
  • 住友商事が持分70%を売却、三井住友ファイナンスに
  • 銀座みゆき通りの店舗、三井不動産が再開発目的で
  • ヒューリックが並木通りで取得、アルデプロ購入中止物件
  • レーサムが日本商業開発から神宮前の結婚式場底地
  • 848億円で8物件、GLP投資法人
  • 築浅マンションを売却、オリックスと三井不動産レジ
  • 東京ミッドタウン前の店舗、東急不動産の私募REITが取得
  • 大和証券のホテル私募REIT、当初資産は3物件
  • 京成電鉄が184億円でCBRE GIから
  • サムティが60億円以上で売却、博多駅近くの新築ホテル
  • 赤坂のオフィス・店舗ビルを取得、ケネディクス・プライベート
  • スターアジアREIT、資産1000億円超に
  • 名古屋駅周辺の土地1.5万m2、長谷工がパナソニックから
  • 都内の新築3棟を売却、サムティが海外投資家に ほか

売買事例一覧 158件

直近3号分は日経不動産マーケット情報のトップページまたは画面右側の「売買事例一覧」からご覧いただけます。過去の売買事例データは、日本最大級の事業用・投資用不動産取引データベース、DEAL SEARCH(ディールサーチ)に収録しています。

ダイジェスト――開発、戦略、経営、注目レポート

  • 転機迎える不動産融資、個人向けは2割減
  • 都市型倉庫にビジネスチャンス ほか

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップ日経不動産マーケット情報・目次 > 記事(前のページ)