日経不動産マーケット情報トップ日経不動産マーケット情報・目次 > 記事(前のページ)

[最新号目次]

2019年9月号

140億円でWeWork一棟借りビル、韓国ファンドが住商などから

特集

[限] 名古屋の不動産投資市場 栄で相次ぐ再開発の動き、グレードAオフィスは空室ゼロに

名古屋・栄地区で、再開発の動きが相次いでいる。古ビルが多かったエリアだが、建て替えが進めば同エリアの価値の向上につながりそうだ。市中心部のオフィスの賃貸マーケットは、これまで以上の好調ぶりで、グレードAビルはついに空室率0%を記録した。タイトな需給を追い風に、名古屋駅北のエリアではイオンモールが同社初のオフィス併設型商業施設を開発する。[PDF]

オフィス市況トレンド

企業移転ニュース JTが神谷町トラストタワーに、新宿イーストサイドには楽天

開発トレンド

[限] 東京・横浜の建築計画調査 塩浜に大和ハウスの大型物流、東京78件、横浜52件が動き出す

2019年4月下旬から2019年7月中旬までに東京都心5区と東京都、横浜市に提出された建築標識設置届に基づいて開発計画を調査した。対象となった130件の総延べ床面積は約76万m2。都心5区には大規模プロジェクトが少なく、各区の総延べ床面積は、港区と渋谷区が約6万m2、中央区と新宿区が約5万m2、千代田区が約2万m2にとどまった。その他18区は約17万m2、横浜市は約35万m2だった。[PDF]

売買レポート

  • 140億円でWeWork一棟借りビル、韓国ファンドが住商などから
  • CBRE GIが売却、住宅18棟と資産入れ替え
  • 206億円で4物件、大和証券のホテル私募REIT
  • 東急不動産などが50億円超で取得、マンション開発めざす
  • トーセイが商業施設を取得、バリューアップ後に売却へ
  • シャングリ・ラが京都進出へ、二条城近くで4700m2を確保
  • 市ケ谷と築地で資産入れ替え、アドバンス・レジデンス
  • ラサールがホテル投資、万座ビーチ近くの新築物件
  • 丸紅プライベートリートが大規模ビルの持分25%
  • 新虎通りの土地1858m2を確保、安田不動産が再開発へ
  • 三菱UFJリース系私募REIT、当初資産に組み入れ
  • 道頓堀の名物ビル、リーガル不動産が100億円弱で
  • 大和ハウスが産経新聞から建て替え視野に取得
  • 大和証券オフィス、住友不動産と交換取引
  • 三井不動産の私募REITが取得、竹芝のオフィス持分56%
  • 蒲田のオフィス2万m2超、ヒューリックがモルスタから
  • PAGが大証近くのオフィス、三菱UFJ証券から ほか

売買事例一覧 140件

直近3号分は日経不動産マーケット情報のトップページまたは画面右側の「売買事例一覧」からご覧いただけます。過去の売買事例データは、日本最大級の事業用・投資用不動産取引データベース、DEAL SEARCH(ディールサーチ)に収録しています。

ダイジェスト――開発、戦略、経営、注目レポート

  • 大阪・淀屋橋に高さ150mの複合ビル、日土地と京阪
  • 学生向け賃貸住宅市場が活況に ほか

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップ日経不動産マーケット情報・目次 > 記事(前のページ)