定価:本体2,400円+税
日経アーキテクチュア(編)
A4変判、208ページ
ISBN:978-4-8222-5876-4
商品番号:264700
発行日:2017年11月28日

ザハ・ハディドの遺作「海に浮かぶダイヤ」を徹底解剖

日経アーキテクチュアが近年リポートしてきた国内外のリノベーション事例の中から、特に優れたものを厳選。未掲載の写真や資料を加え、ビジュアル度を高めて紹介します。

ザハ・ハディド氏の遺作となるベルギーのポートハウスのほか、フランク・O・ゲーリー氏、安藤忠雄氏など、世界の著名建築家による「新築を超える増改築」を多数掲載。国内のモダニズム建築の保存再生事例も、技術・法規面を押さえつつ実現過程を詳細に報告します。

* 好評発売中の「世界の木造デザイン」に続く、「日経アーキテクチュアSelection」の第2弾。

目次

  • 【プロローグ】
  • 五十嵐太郎氏が読み解く
  • 世界のリノベーション建築史
  • 【Part1】欧州に学ぶ「歴史」への挑戦
  • ■ポートハウス(ベルギー、アントワープ市)
  • 改修設計:ザハ・ハディド・アーキテクツ
  • 港に輝くダイヤ形の増築棟 れんが造の建物をまたいで南北のコンクリート柱で支持
  • ■ピエール・ブーレーズ・ザール(ドイツ、ベルリン市)
  • 設計:ゲーリー・パートナーズ
  • 舞台倉庫の中に楕円形ホール 2つの楕円をずらしてバルコニーを印象付ける
  • ■エルプフィルハーモニー・ハンブルク(ドイツ、ハンブルク市)
  • 設計:ヘルツオーク&ド・ムーロン
  • 既存倉庫の外壁を基壇部に れんが壁と「魚のえら」思わせるガラス窓を対比
  • ■ブース・デ・コマース(フランス、パリ市)
  • 改修設計:安藤忠雄建築研究所、Niney & Marca Architectes、Agence Pierre-Antoine Gatier
  • 円筒の外周に「二重らせん」 安藤忠雄氏がピノー氏の悲願実現
  • ■新カンプ・ノウ計画(スペイン、バルセロナ市)
  • 改修設計:日建設計、パスクアル-アウジオ・アルキテクテス
  • 3層のコンコースで歴史を継承 営業を止めずにサッカーの“聖地”を機能更新
  • ■ソーシャルハウジング・アンド・ヒューマンタワーズ・センター(スペイン、バルセロナ市)
  • 設計:ロルダン+ベレンゲ・アーキテクツ
  • 産業遺産に新たな床を挿入 築100年の紡績工場を集合住宅に再生
  • ▼話題 パリ・超高層改造コンペに700案超
  • 「モンパルナス・タワー」のリノベーションは40代チームに
  • 【Part2】アジアに学ぶ大胆発想
  • ■ナショナルギャラリー(シンガポール)
  • 設計:スタジオ・ミロー
  • 2つの国家遺産を一体化 公道をまたいで“ベール”で覆う
  • ■サイアム・ディスカバリー(タイ、バンコク市)
  • 改修設計:nendo
  • フロアまたぐ吹き抜けで集客増 面積減らしても人の流れを改善
  • 【Part3】米国流・図書館大改造
  • ■マーティン・ルーサー・キング・ジュニア記念図書館(米国、ワシントンDC)
  • 改修設計:メカノアーキテクテン
  • ミースの有名建築に「緑の帽子」 「LEEDゴールド」の省エネ改修で冷房費8割減目指す
  • ▼動向 NY公共図書館に再編の波
  • 大規模改修、建て替えで市民に学習を促す
  • ■ニューヨーク公共図書館本館 ■ミッドマンハッタン館
  • 【Part4】国内の注目作|モダニズム再生5選
  • 01■山梨文化会館
  •  改修設計:丹下都市建築設計
  •  丹下建築初の免震改修オリジナルの意匠を守る
  • 02■ロームシアター京都(京都市)
  •  基本設計:香山壽夫建築研究所
  •  前川國男の骨格残しプランは徹底的に見直す
  • 03■春日大社国宝殿(奈良市)
  •  改修設計:弥田俊男設計建築事務所・城田建築設計事務所JV
  •  築40年のピロティ建築を大開口の増築部でつなぐ
  • 04■米子市公会堂(鳥取県米子市)
  •  改修設計:日建設計・桑本総合設計JVほか
  •  村野の“グランドピアノ”屋根を架け替え耐震性強化
  • 05■青森県庁舎(青森市)
  •  改修設計:日建設計
  •  上層階減築で軽量化耐震改修費を抑制
  • 【Part5】国内の注目作|ストック活用10選
  • 01■ONOMICHI U2(広島県尾道市)
  •  設計:サポーズデザインオフィス
  •  築70年の海運倉庫内に自転車観光の拠点
  • 02■時間の倉庫 旧本庄商業銀行煉瓦倉庫本庄(埼玉県本庄市)
  •  設計:福島加津也+冨永祥子建築設計事務所
  •  築120年のレンガ造“見えない補強”で適法化
  • 03■戸畑図書館(北九州市)
  •  設計:青木茂建築工房
  •  連続する門形鉄骨を再生の象徴に
  • 04■旧桜宮公会堂(大阪市)
  •  改修設計・施工:竹中工務店
  •  重文の中にガラスの教会大阪市の文化財を民活で再生
  • 05■HakoBA函館(北海道函館市)
  •  設計:フィルド
  •  2棟を一体でホテルに転用共用空間は地域活動の場に
  • 06■アーツ前橋(前橋市)
  •  設計:水谷俊博建築設計事務所
  •  閉店した大規模商業を発信拠点に再生
  • 07■市原湖畔美術館(千葉県市原市)
  •  設計:有設計室(現・カワグチテイ建築計画)
  •  来館者半減の美術館を鈍く光る鉄の箱で一新
  • 08■ドーム有明ヘッドクォーター(東京都江東区)
  •  設計:プランテック総合計画事務所
  •  倉庫の階高を生かし事務室とジムの融合社屋に
  • 09■東京芸術大学4号館改修(東京都台東区)
  •  改修設計:日建設計、森村設計
  •  既存躯体の内側に木のホールを浮かす
  • 10■東京大学総合図書館 別館(東京都文京区)
  •  設計・施工:清水建設 設計監修:東京大学キャンパス計画室、同施設部)
  •  噴水下の地下図書館を土木技術使って構築