ネットワークカメラ<屋内ボックス型>(資料:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]
ネットワークカメラ<屋内ドーム型>(資料:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]
ネットワークデジタルレコーダー(資料:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 日立製作所と日立産業制御ソリューションズは、防犯・監視用ネットワークカメラとネットワークデジタルレコーダー「Fine Vision XD-Eシリーズ」を2017年12月中旬から順次販売している。

 映像データ量の大幅な削減と高画質の表示を両立した。カメラで撮影した高画質のフルHDサイズの映像データを、カメラ内部でHDサイズに縮小して変換し、さらにデータを圧縮してレコーダーに保存する。映像は超解像処理技術によってフルHD相当で表示する。

 フルHD(High Definition TeleVision)とは、動画の解像度の一種で、HDのなかでも最も解像度が高い。

 一般的な防犯・監視用ネットワークカメラと比較して、最大66%のデータ量を削減しながら、高画質な映像を表示することが可能だ。圧縮したHDサイズのデータ量で映像を保存・伝送できることから、ネットワーク負荷とデータ保管コストを低減する。

 ネットワークカメラには、「屋内ボックス型」「屋内ドーム型」「レンズ交換型の屋内ボックス型」「屋内全方位型」の4種類がある。

 オープン価格。

問い合わせ先:日立製作所
電話:03-5928-8250
URL:http://www.hitachi.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード