「埋込型」と「システム天井用埋込型」がある(資料:コイズミ照明)
[画像のクリックで拡大表示]
設置イメージ(資料:コイズミ照明)
[画像のクリックで拡大表示]
断面図(資料:コイズミ照明)
[画像のクリックで拡大表示]

 コイズミ照明は、オフィス向けのベースライト「パネル+リフレクターベースライト」を2017年12月に発売した。

 事務作業に適したフラットな光を発する。調光調色発光ダイオード(LED)基盤と半円形状の反射板、光を透過させるマイクロリブパネルで構成する。反射板は灯具の側面からの光を効率よく空間に拡散する。下面にあるマイクロリブパネルは、まぶしさを抑えた屈折透過光を広げる。

 「調光/ON-OFFタイプ」と、「調光・調色タイプ」をラインアップ。調光・調色タイプは、時間に応じて照明の明るさや光の色を自然光と同じように制御することができ、屋内で1日を過ごすことの多いオフィスワーカーに快適な光環境を提供する。色温度は3000Kから5000K。照度センサーを併用すれば、外から入り込む自然光の状況に応じて空間の明るさが一定になるよう調光することも可能だ。

 「埋込型」と「システム天井用埋込型」がある。システム天井用埋込型は、空調機器などの天井設備と同様、グリッド型システム天井に自由にレイアウトできる。

 本体価格(税別)は、9万6000円〜12万円。

問い合わせ先:コイズミ照明
電話:0570-05-5123
URL:http://www.koizumi-lt.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード